BLOG

《 音楽ブログ 》

吹奏楽の打楽器達は必読!正しいスティックの選び方

  • 作者名
  • BLOG

吹奏楽で打楽器を演奏する時に「思うように叩けない」
「すぐ手が痛くなってしまう」なんてことありませんか?
実はそれ使っているスティックに原因があるかもしれません!
今回は正しいスティックの選び方を紹介します!

ドラムチューニング


スティック選び、ちゃんと選んでますか?

スティックを選ぶ際には何を基準にして選びますか?

・憧れの音楽家が使っていた
・色と形
・手に持ったフィーリング

確かにどれも良いです。
しかし間違ったスティックの選び方をしてしまうと
自分に合わないスティックを選んでしまい手を痛めたり、
練習の効率が悪くなったり、気づかないうちに
悪いフォームになってしまったりすることも。。。

正しいスティック選びをすることで体に負荷をかけず
練習効率もぐんとあげる事ができます!


吹奏楽の打楽器達にオススメするスティックとは?

正しいスティック選びの前に
吹奏楽の打楽器をしている方向けに
僕が一番オススメするスティックを紹介します。

僕のオススメは
Vic Firthヒッコリー5A」 です。
なぜかというともうこれ
今回の記事終わってしまうくらいなんですが、
世界基準とされるほどスタンダードだからです!

プロモ愛用するほど使い勝手がよく
どんなシチュエーションでもそつなくこなせる。
そんなスティックです。

ではなぜそのスティックをオススメするのかというと


正しいスティックの選ぶなら
材質を見るべし!

スティックの材質には様々なものがありますが、
大きく分けて3つ

【ヒッコリー】
最もポピュラーな材質で、大半のステックがこの素材。
硬さも重さも適度で
コントロールがしやすく芯のある音が特徴。

【メイプル】
軽量で特にシンバル系との相性が良い。
ふくよかで軽い音が特徴。

【オーク】
ズシッとした重量感で硬い材質。
割れにくくパワフルな音楽に向いているので
吹奏楽にはあまり使用しないかも。。。

他にもカーボン、アクリルや、
光るスティックなんてのもあります(笑)
まあ、この辺りはおいといて

先ほど紹介したスティックの材質と同じ「ヒッコリー」
メイプルやオークも確かに良いのですが、一番スタンダードで
どんな音楽やジャンルでも対応できる汎用性があります。

吹奏楽としては
スタンダード使いとして「ヒッコリー」
シンバルや軽い音を出したいなら「メイプル」
で自分の使いたい用途を考えて選ぶと良いでしょう。


正しいスティックの選ぶなら
長さと太さを見るべし!

スティックの長さ太さですが、
これに関しては実際に手にとって選んでもらうのが一番です。。
選び方としては「自分の指先から肘付け根までの長さ
のスティックがその人にとって
一番使いやすい長さと言われています。

吹奏楽のような繊細な音楽だとあえて
長さの少し短いものを選んで、
パワーは出ないが繊細な音を出す。
というのも一つの手です。

続いて太さですが

吹奏楽の悪しき習慣!!!!!!

【太くて重いスティックで鍛える】

先に言っておきますが、何の得にもなりません!
すぐやめましょう!

無理して手を痛めたり最悪の場合、腱鞘炎になって
スティックを握る事すら出来なくなる可能性もあります。

だからと言って「軽い」からといって
細すぎるのを最初に選ぶのオススメしません。

手によって一番フィットする、
つまめるようなスティックを選びましょう。
人それぞれに合うものが一番負担なく上達も早いです!

またチップと呼ばれる先端の部分は
・ウッド
・ナイロン
とありますが、ナイロンはシンバル系にはとても良いです。
しかし使いやすさから言ってもウッドをオススメします。


吹奏楽の打楽器達は必読!
正しいスティックの選び方 まとめ

スティックは楽器と同じく
皆さんの音楽を表現する大事なパートナーです!
自分に合ったスティックの選び方を知るで、無駄な力が入ったり
、体に負荷をかける事が減るので
「手が痛くなったり」「思ったように叩けない」
などの改善につながります!

もちろん練習の上達も早くなりますよ〜!

ステック選び、この機会に
しっかり選んでみてはどうでしょうか?


○この記事の作者○
MusicSalon音雫〜おとしずく〜
music school音と樹-オトトキ-
LiMiC sound create 代表 宮田大輔
ミッチー先生

LiMiC sound create 代表
東京ミュージック&メディアアーツ尚美 専門学校
管弦打楽器学科 卒業
同校の音楽総合アカデミー学科 修了
公益財団法人さいたま市文化振興事業団
SaCLaアーツ登録講師
公益財団法人音楽文化創造
生涯学習音楽指導員ライセンス取得

クラシックパーカッションを松倉利之.日比一宏の両氏に、
ドラムを大井澄東氏に師事。
ラテンパーカッションを増田博之氏、
吹奏楽指導法を佐藤正人氏、
指揮法を広瀬隼人氏から学ぶ。

吹奏楽部や鼓笛隊、地域楽団でのレッスンを
学生時代から行い演奏家ではなく
”教える専門”音楽講師として活動を行う。
音楽ワークショップの定期開催や講師人材育成、
イベント企画、地域活性化を数多く行う。

Twitter
http://twitter.com/jpk_perc

youtubeチャンネル:
ミッチー先生


東京・埼玉・神奈川・千葉100箇所以上の教室数

1回計75分マンツーマンのオーダーメイドレッスン

毎回レッスンの時間・曜日が選べる

「独自のカウンセリングシステム」で
音楽の悩みや不安を徹底解決!

様々なノウハウを持った経験豊富で一流の
「プロ音楽講師」による分かりやすく楽しいレッスン!

各コース
サックス/トランペット/ギター/ベース/ピアノ・キーボード/
ドラム/カホン/ボイストレーニング/ウクレレ/沖縄三線

開校場所
【東京】
池袋/大塚/新宿/高田馬場/四ツ谷/渋谷/代々木/北参道/五反田/
上野/上野御徒町/秋葉原/御茶ノ水/水道橋/蒲田/下北沢/上北沢/
梅ケ丘/明大前/高円寺/荻窪/西萩/都立大前/中野/江古田/三軒茶屋/
西太子堂/赤羽/北千住/小岩/葛西/西葛西/一之江/東村山/吉祥寺/
ひばりヶ丘/立川/町田/八王子

【埼玉】
大宮/北浦和/南浦和/戸田公園/越谷/川越/所沢/新所沢

【神奈川】
横浜/川崎/溝の口/戸塚/本厚木/登戸/宮前平

【千葉】
千葉/船橋/柏/本八幡

姉妹店
MusicSalon音雫〜おとしずく〜
【埼玉】
大宮

この記事の作者
  • 宮田
  • 大輔
  • LiMiC sound create 代表 東京ミュージック&メディアアーツ尚美 専門学校 管弦打楽器学科 卒業 同校の音楽総合アカデミー学科 修了 公益財団法人さいたま市文化振興事業団 SaCLaアーツ登録講師 公益財団法人音楽文化創造 生涯学習音楽指導員ライセンス取得 クラシックパーカッションを松倉利之.日比一宏の両氏に、 ドラムを大井澄東氏に師事。 ラテンパーカッションを増田博之氏、 吹奏楽指導法を佐藤正人氏、 指揮法を広瀬隼人氏から学ぶ。 吹奏楽部や鼓笛隊、地域楽団でのレッスンを 学生時代から行い演奏家ではなく ”教える専門”音楽講師として活動を行う。 音楽ワークショップの定期開催や講師人材育成、 イベント企画、地域活性化を数多く行う。 Twitter http://twitter.com/jpk_perc
関連
記事